バリエーション豊かな天部。実は韋駄天も他宗教出身!

こんにちは。高野山法徳堂の鷹野です。

今回は明王に続いて天部(天)をご紹介します。
如来、菩薩、明王に続くのが天部です。

バリエーション豊かな天部。実は韋駄天も他宗教出身!

「天」というだけでは、イメージがつきづらいかと思いますが、例えば「四天王」や「大黒天」も天の一種です。

天女は仏教では飛天と呼ばれ、天のひとつです。
他には閻魔大王も諸説はありますが、天であると言われます。

このように天は見た目も役割も様々で、バリエーションに富んでいます。

不動明王と同様に韋駄天も実は他の宗教から取り込まれた

もともと天はインド古代神話の天界に住む神々とされ、、仏教では如来、菩薩、明王に次ぐ 護法神になりました。

具体的には、三界の四天王天に住む四天王、薬師如来に従う十二神将、千手観音の侍者の二十八部衆などがいます。

また不動明王と同じく、韋駄天はもともと他宗教であるバラモン教の神「シヴァ神(あるいはアグニ神)」の子とされますが、仏教では教義を守る護法神となりました。

天は伽藍の守護神として寺院の厨房などに祀られることが多い仏でもあります。

今回は天についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

次回以降では個別の仏様についてご紹介しようと考えています。

FROM 鷹野法子

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。