同期の桜供養塔

同期の桜供養塔

一の橋を渡ってすぐに とても目立つ供養塔があります。

たくさんの手が印象的です。

これは第二次世界大戦で生き残った同期の桜によって建立されたものです。

塔は千手観音の慈悲と不動明王の怒りの炎を表したもので、塔内には戦没者が記名されているそうです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。