御朱印を書いているところを撮らせていただきました。

御朱印を書いているところを撮らせていただきました。

こんにちわ。高野山法徳堂の鷹野です。

本日は3/21で正御影供(しょうみえく)で奥の院には人が多くいらっしゃいました。

記念に奥の院で御朱印をいただいてきました。
その様子を撮影させていただきました!

正御影供(しょうみえく)
高野山では、毎年新暦と旧暦の3月21日に『御影供』と称し、全山住職をあげてお大師さまに報恩を捧げます。参列者も非常に多い華やかな法会になります。
現在では御衣(ぎょい)のお寺として有名な寶龜院(ほうきいん)様より、金剛峯寺へ従者と共に唐櫃にて「御衣」を奉持します。

金剛峯寺で御法楽(仏様にお経を読んで捧げる)のあと、奥の院の燈籠堂正面でただちに一座の修法(加持祈祷)が行われます。

引き続き本番の「正御影供」が執り行われ、丁寧に供養された唐櫃の中の「御衣」は御影堂の内々陣(お堂の一番奥のところ)に安置され、1年間にわたり供養が続けられます。
この御衣は来年の法印御房がおめしになります。

 

いただいた御朱印!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。